ウェディングドレス着るのに背中ニキビが!隠す方法はある?

結婚式の主役は、何といっても花嫁。
夢にまで見たウェディングドレスで人生最大のステージへ!

しかし、あまりまじまじと見られると困ってしまうこともあります。
それが、「背中のニキビ」。

顔に比べて面積も広いですし、一度気になったらいてもたってもいられなくなります。

そんな気になる背中ニキビを治す方法と
最悪ニキビが消えなかったときのためにウェディングドレスで背中を隠す方法について、
ご紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

背中のニキビを治す方法は?

悪いことは言いません、「皮膚科」に直行してください!!

同じニキビ治療と言っても、今回は短期決戦です。

まさか、挙式まで2年も3年もありますぅ~~なんて
呑気なことを言っていられる人はまずいないでしょう。

それどころか、あと数週間!!
という人がほとんどではないでしょうか。

実際には、ニキビだけでなく、ソバカスやシミ、アトピーやその他の皮膚湿疹などもあるかもしれません。

下手に薬局や通販の薬に手を出して、
結局時間ばかりが過ぎて良くならなければ取り返しのつかないことになります。

それよりも、皮膚のプロと言えば、皮膚科のお医者さんに決まっています。
必ずや自身の症状にあった治療法の提案や薬の処方を的確にしてくれることでしょう。

私も近所にとても繁盛している(?)皮膚科があります。
いつ行っても満員御礼状態!!

そして、意外なことに若い患者さんが大変多いのです。
皮膚トラブルを抱えている人ってこんなに多いのかと驚いてしまいます。

そして、院内の壁にはニキビ治療についての情報が書かれた紙や宣伝の様なものが沢山貼られていましたよ。

ケミカルピーリングやイオン導入、高周波治療など選択肢は結構ありますから、
希望を持って1日でも早く皮膚科の門をたたいて下さい。

どれも一発でOKというものではないので、
ニキビの程度と残された時間によって治療法は変わってくるでしょう。

ただ、くれぐれもエステで何とかしようと思わないでください。

当然、挙式に向けてスキンケアをして女子力アップすることは大いに結構ですが、
法律上エステでは治療行為はできません。

つまりは、薬が使えないということです。
あくまで、皮膚科、ちゃんとした病院に行ってくださいね!

スポンサードリンク

ウェディングドレスで背中を隠す方法はある?

さて、それでもタイムリミットで満足行く結果が得られなかったときには、
気持ちを切り替えて別の方法を考えましょう。

それは、背中ニキビを隠してしまうことです。

具体的な考え方は、2つ。

「背中を覆い隠す」か
「ニキビを消す」ことです。

背中を覆い隠す

すでにドレスも用意してしまっていて背中のあいたスタイルにこだわりたい、
というのであればベールかボレロまたはショールをかぶって上手くニキビ部分を覆い隠すことです。

素材によっては、肌がイイ感じに透けて見えて、でもニキビは見えないというのも可能です。

挙式の時は、ベールにして、
披露宴(ベールは外すので)の時には、ボレロかショールを使えばOKでしょう。

もう一つは、ボディメイク

最近、ボディメイクというと

美しくシェイプアップしたり、
骨格矯正をして体の均整を整えることを言いますが、

そっちではなくて読んで字のごとく
「体にメイキャップ」するということです。

ファンデーションやドーランを使ってニキビを隠してしまいます。
これは、素人では難しいでしょうからエステで相談してみたらよいと思います。

うまくキラキラとラメを散らしてくれたりもしますよ。

少し、お金もかかりますが、
一生に一度のことですからそこは思いきってお願いしてみてはどうでしょうか。

最後にもうひとつ

思いきって和装にしてみるという手もあります。
これは、出来る方と絶対無理という方にはっきり分かれるとは思いますが・・・背中は完全に隠れます!!

まとめ

背中も大切ですが、それ以上に大切なのはあなたの表情と姿勢です。
明るく品の良い笑顔研究し、なによりドレスが映える姿勢と歩き方の研究も抜かりなく・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2022年現在32歳。大学3年生まで経験0だったが、ある行動をきっかけに学生時代の経験人数11人へ。 社会人になってからも継続して月平均5人の女性とデートを重ねる。詳しくは自己紹介で書いていますので、気にしてくださる方は読んでみてください。 →非モテ男は一生独身?恋愛市場から撤退しないために決意したこと!【僕の自己紹介】 この経験をもとに、恋愛アドバイスやブログでの情報発信を行っている。   それと、インスタグラム始めました! ここでは書けないような過激な内容も投稿していくので、気にしていただける方はフォローをお願いします。