男のクラッチバッグはダサい?女性からの評判は?

男性のファッションというとどうしても身につけるものに目が行きがちですが、
案外重要なのが「バッグ」です。

多くを主張していない様で、
実は人の目にはどんなバッグを持っているかでその人の印象はずいぶんと違って見えています。

今回話題にしたいのは「クラッチバッグ」。

ピンと来ない人も多いと思いますが、
特に男性が持つ場合、その評判は正直言ってビミョ~なところがあります。

特に女性からは、ダサいという意見が・・・

果たしてその真相やいかに。
反対に「クラッチバッグはダサくない」という意見はないのか
についても調べてみました。

スポンサードリンク

男のクラッチバック女性からの評判は?

ダサいという意見が多い

男性が持つクラッチバッグへの女性からの評判は、
「ダサい」という意見が多くを占める様です。

特に30代以上の世代からすれば、
クラッチバッグは「セカンドバッグ」という名の方が馴染みが深いと思いますが、
どうしてもバブル時代の臭いが漂うというか・・・

オジサンが持っているイメージや
柄のあまりよくない不動産屋さんや怖い人たちが小脇に抱えている印象もぬぐい去れません。

クラッチバッグはなぜ流行ったのか?

もともとクラッチバッグは、
女性がパーティーや外食に出かけるときに小物入れ代わりにオシャレアイテムとして作られたものです。

それが、男性向けにはセカンドバッグという文化があったところに
新たなコンセプトで上乗せするようにクラッチバッグブームも広まってきたのです。

でも厳密に言うとセカンドバッグとクラッチバッグには明確な違いはありません。

荷物の少ない男性からすれば、かなり使い勝手が良い

クラッチとは、英語で「つかむ」の意味があり、
まさに片手でつかんで持つということです。

そして、正直なところ男性からすればこれほど使い勝手が良いバッグはないかもしれません。
男性ならどこに出かけるにしても荷物が少なく済んでしまうことが多いですよね。

ポケットにハンカチや財布を入れさえすれば
あとはスマホや携帯を持ってこれで大概のところには問題なく行けます。

でもそれ以外の買い物やデートなどは身軽なスタイルで充分なのです。

ただそれでももう少し荷物がある場合、
例えば手帳やタブレット、文庫本やタバコなどを持って行きたいときには
「クラッチバッグ」サイズのものがとにかく便利です。

場所もとらないですからどこにでも置くことができますしね。

故に、小荷物大好き(笑)なオジサマ世代はこぞって
「クラッチ(セカンド)」を持ちたがるわけです。

でもそこにはファッション性が欠けている場合も
少なくないので女性にはダサいイメージが定着してしまっているのです。

クラッチバックがダサくないという人の意見は?

それでもクラッチバッグには根強い人気もあって
最近ではひと昔前のセカンドバッグとは違ったスタイルの物が売れていますし、
それに対しては決して「ダサくはない」という意見もあります。

レザーの素材のクラッチバッグがおすすめ!

具体的にダサくないという意見のクラッチバッグは、

ブリーフケースの様なノートやタブレットが
少し余裕を持って入れられそうなサイズのクラッチバッグです。

そしてかさ張らず膨らまず薄手のスッキリしたフォルムが
持つ手にも負担にならなくて見た目もオシャレなんです。

レザーですからカジュアルというよりはスタイリッシュなファッションに馴染みます。

色も黒でもいいのですが、
ビジネス風になるのでプライベート使いの場合は
明るめのブラウン系やクリーム系そしてポップなネイビーもオシャレです。

ジャケットスタイルに革靴というコーデには、
このレザータイプのクラッチバッグがしっくりくると思います。

冬ならコートやセーターとも相性は悪くないでしょう。

楽天やAmazonでいろいろと探してみるときっと見つかりますよ。
安いもので2000円台からあります。

楽天のほうが、モデルさんの写真が豊富なので、参考になると思います。
Amazonでおしゃれなレザー製のクラッチバッグを見てみる!
楽天でおしゃれなレザー製のクラッチバッグを見てみる!

クラッチバッグまとめ

冒頭にもお書きしたように、
バッグを単独でとらえないでトータルファッションの一部という見方で
チョイスして行けば「クラッチバッグ」でも、
決してダサいとは言われないと思います。

むしろ自分のオシャレ感をアップさせるためにうまく活用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2022年現在32歳。大学3年生まで経験0だったが、ある行動をきっかけに学生時代の経験人数11人へ。 社会人になってからも継続して月平均5人の女性とデートを重ねる。詳しくは自己紹介で書いていますので、気にしてくださる方は読んでみてください。 →非モテ男は一生独身?恋愛市場から撤退しないために決意したこと!【僕の自己紹介】 この経験をもとに、恋愛アドバイスやブログでの情報発信を行っている。   それと、インスタグラム始めました! ここでは書けないような過激な内容も投稿していくので、気にしていただける方はフォローをお願いします。