デート前のLINEがそっけない!相手は乗り気ではない?

やっとの思いでこぎつけた片思いの相手とのデート!

不安と緊張とワクワクのミックス状態の男性のみなさん、もしかしてLINEの返信がそっけない…と悩んではいませんか?

相手の女性は乗り気じゃないのかも、それとも送り方がまずかったのか…とせっかくのデートの前に落ち込んでしまいますね。

では、なぜそっけない返信だったのか、デート前のおすすめLINEとはどういうものか、解説しましょう。

スポンサードリンク

デート前のLINEがそっけない理由は?

そっけない返信はあせります。それは分かります。

しかし、ちょっと落ち着いてください。

どんな内容を送りましたか?

  • 今日あった出来事をマメに送った
  • つい仕事のグチを書いてしまった
  • アピールしようと思って自分のことをいろいろ
  • 面白い写メを連続で
  • おはようとか、おやすみとかの挨拶
  • かわいいよね。すごくタイプ

う~ん、NG!

努力は認めますが、ちょっと引いてしまいますね。

なぜなら、相手の女性にとってはアナタはまだ恋人ではありません。女性のホンネ的には、「キライじゃないし、ちょっと興味ある」程度の場合が多いのです。

デートではありますが、「好きな人・恋人」というワケではないので、まだ異性としての好意までのキモチにはなっていないケースがほとんど。

そのため、あからさまに好意を示されたり、細かな日常の話を送られても「反応に困る」「下心ミエミエ」「重い」となってしまいます。

相手の女性にとってはまだ「興味・関心があるひと」であって、「好きな男性」にはなっていないので、キモチの温度差があるのですね。

返信がそっけない場合は、自分が送った内容をもう一度見返してみましょう。
もしかしたら、「ちょっと面倒だな」と思われるような内容だったかもしれませんよ。

スポンサードリンク

デート前はどんなLINEをすればいいの?

じゃあ一体どんな内容ならいいのでしょうか。

ズバリ、デートの待ち合わせの連絡だけで大丈夫です。

「○○日はJR○○駅西口の改札で待ち合わせでよろしく。着いたらLINEか電話して」

デート当日の2~3日前に、こんな風に待ち合わせの確認をするだけでかまいません。

あとは、相手の女性から細かい質問のLINEがきたらそれに答えるくらいでしょうか。

もちろん、緊急の場合は連絡は早めにしましょう。
急用・事故・病気などでキャンセルなどの時ですね。

まとめ

やっとかなった初デート!浮かれますよね。

でも、ここで深呼吸しておきましょう。

「まだ恋人じゃない」

これが重要なポイントです。

もちろん初デートとは言え、最初から両想いでテンションMAXな人たちもいます。しかし、多くの女性たちにとってはデート後に「付き合ってもいいかな」と考えるものなのです。

特に片思いから、デートの約束を取り付けた場合は言ってみれば「最終面接」みたいな感じでしょうか。ですので、待ち時間も判断材料になるようなものですね。

そっけない返信の場合は、大体が「別に送らなくてもいいんじゃない?」というような内容を送っていることが多いです。

もうデートのアポは取ったのですから、それまでの間をムリにつなごうと不要なLINEをする必要はありません。

むしろ、媚びずにいた方が女性は興味を持ってくれます。

LINEは便利ですし大事ではありますが、実際に会ってデートした時の印象を良くしたいですよね。

ちなみにアピールしたいキモチは分かりますが、自慢話はLINEでも直にでもしてはいけません。仕事のグチなどのネガティブな内容も×です。そしてやたらと「好み・タイプ・カワイイ」などと言うのもガッツいているようで引かれてしまいます。

まずは「次もデートしたいな」「この人となら付き合ってもいいかな」と思ってもらえるようにデートそのものに集中しましょう

そっけない返信だとしても、デートに来てくれたのならぜひ挽回してくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です