飲んだ後に告白はOK?NG?女性の本音と本気の伝え方!

女性への告白は、そのタイミングや場所はとても大事なポイントです。

彼女の喜ぶ流れ・タイミングで告白できたら、成功する確率はグッと上がります。

ただ、いざ告白となると、大好きであるがゆえに緊張してしまう方も多いのでは?

しらふというよりは、いっそお酒の力を借りてしまおう、と考える方も少なくないでしょう。

しかし、女性としてはお酒を飲んだ後の告白にどう感じるのでしょうか。

そこで今回は、

「飲んだ後、お酒の入った状態での告白はありかなしか?」
「飲んだ後の告白で気をつけないといけないこと」

こちらについて、具体的にお伝えして行きたいと思います。

スポンサードリンク

飲んだ後に告白するのってあり?なし?

飲んだ後お酒が入った状態での告白が、ありかなしか、といえば

「条件付きで、あり」です。

その条件とは、「ベロンベロンに酔い過ぎないこと」です。

こーへい
お酒は飲んでも飲まれるな、ですね

お酒飲んだ後の告白は条件付きであり!

女性は、何歳になっても、みんな心のどこかに「乙女」を持っています。
そう、ロマンティックが大好きなのです。

「そんなの嫌い!」なんて言っている人も、真っ赤な嘘です。

それは、本当のロマンティックを経験していないだけ。
そんな気分に誘(いざな)ってくれる男性に出会ったことがないだけの話です。

もし、あなたがお酒の力を借りて、酔っぱらってしまって、
後になってなんて言って告白したかも覚えていないとしたら、
それは、彼女の「乙女心」ぶち壊しです。

失格です。

あなたが、しないといけないことは、「自分が酔う」のではなくて、
「彼女を酔わせる」ことです。

お酒でではないですよ(笑)あなた自身の魅力でです。

こーへい
いや、ちょっと上手いこと言ったみたいで恥ずかしいですね(笑)

でないと、たとえ上手く行って付き合い始めたとしても、
ずっとお酒を飲んでデートするわけにもいかず、
二人とも「しらふ」で冷静になって対面した時に、
話がかみ合わなかったり、一緒にいても楽しいと思ってもらえなかったり・・・

そして、あの夜は何だったの???
ロマンティックはどこへやら、一気に興ざめされてしまうことでしょう。

この様な惨劇を避けるためにも、お酒の力を借りるとしたら、
「ほどほど」にして、あくまで自分の実力で勝負することです。

それでダメなら・・・あきらめましょう。

「ほどほど」とは、

お酒がメインのデートにはせず、
彼女が喜んでくれそうなコース料理などでさりげなく出てくるワインやシャンパンを二人でたしなみ、
楽しむ程度ということです。

お酒の味というよりは、料理の味とあいまって、
すべて食べた後に心地よくなってもらう。

その後の告白という流れが、良いでしょう。

お互いの信頼関係が大事!

以上は、お互いに信頼関係があって、後は告白さえすれば付き合える状態になっていることが前提です。

お酒を飲まないと告白する勇気が出ないという男性もいるでしょう。また、女性側もOKする勇気がでない方もいます。

そのちょっとしたひと押しをお酒に頼ると言うのは全然ありだと思います。

本気で気になる異性を落としたい人向けの会話テクニックを書きました!悪用しない方に限り読んでみてください。
初対面でも落とせる会話テクニック!恋愛心理学の実践5選!

スポンサードリンク

飲んだ後の告白で気をつけないといけないことは?

上記のように食事と一緒にお酒を飲んでも
うまく告白まで持って行けないこともあると思います。

それは、あなたの性格や当日の調子が原因であるかもしれませんし、
相手あってのことですから、彼女の様子によっては、
思った様にことを運べないことも決して珍しくありません。

でも、そうなると何とか告白まで持って行かないと・・・と焦ってしまい、
もう少し、もう一軒、とズルズル引き伸ばし作戦に突入する場合があります。

これが要注意!!

告白のタイミングを引き伸ばしはNG

お酒を好きな女性と昼間から飲むことは、まずほとんど考えられませんし、
やはり告白のことも考えると、食事の時間帯は、ディナータイムとなるでしょう。

食事をゆっくりと食べれば、短くて1時間、ほとんどの場合それ以上はかかります。

これで、その場の空気を告白まで持って行けるとすれば、
もともとかなり相性も良く、互いに好き同士で、いわば結果の分かっている出来レースと言えます。

そうでもなければ、やはり、どうしてももう少しお酒の力を借りたくもなります。
そして、時間は刻一刻と過ぎて行く・・・

自分だけでなく、彼女までいくらか酔わせた状態で、結局、告白も出来ずじまい・・・

こうなると、彼女も「今日は一体何だったの?」と思うかもしれませんし、
夜遅くに酔って一人で帰らせるのも、何かと危険が伴います。

しかも、次の日が仕事だとしたら、もう最悪!!となりかねません。

飲んだ後には、ズルズルと煮詰らない雰囲気にならないように、
時間をかけずスパッと告白しましょう。

中途半端な告白をするならその日は諦めよう!

もし、そうできないと思ったら、その日は、早めに帰るか、
最寄り駅まで彼女を送るなどして、気持ちよく別れてまた次の作戦を考えましょう。

中途半端に時間もかけて、しかもお酒の力も借りての告白は、

「飲まないと告白できないの?」
「遊びなの?」
「誠実に正直に告白して欲しかった」

などかえって彼女の心象を悪くしてしまいかねません。
くれぐれも気を付けてくださいね!
急(せ)いてはことをし損じますから・・・

後日改めて本気を伝えよう!

告白の成否を問わず、後日改めて思いを伝えるようにしましょう。

「昨日はお酒飲んで酔っ払って告白しちゃったけど、本気だからね。」

この一言だけで彼女のハートをガッチリとつかむことができるでしょう。

まとめ

お酒は、ときに男女の仲をとても円滑にしてくれる魔法アイテムではありますが、
使い方を間違えると、その先には最悪のシナリオが待っているかもしれません。

こんなことなら・・・と後悔しないように、お酒に頼り過ぎずに頑張ってください!

こーへい
偉そうに描いていますが、僕自身お酒で女性関係失敗していることは数多くあります。その失敗談はインスタグラムで書いてるので良ければぜひ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2022年現在32歳。大学3年生まで経験0だったが、ある行動をきっかけに学生時代の経験人数11人へ。 社会人になってからも継続して月平均5人の女性とデートを重ねる。詳しくは自己紹介で書いていますので、気にしてくださる方は読んでみてください。 →非モテ男は一生独身?恋愛市場から撤退しないために決意したこと!【僕の自己紹介】 この経験をもとに、恋愛アドバイスやブログでの情報発信を行っている。   それと、インスタグラム始めました! ここでは書けないような過激な内容も投稿していくので、気にしていただける方はフォローをお願いします。