年上の女性にちゃん付けはダメ?付き合う前の呼び方やタメ口は?

恋は分からないものですよね。
初めて年上の女性を好きになったという男性は、その距離の詰め方に戸惑いを持っているのではないでしょうか。

今まで学生時代などは自然に名前を呼んでいたけど、相手が年上の場合はどうしたらいいのか、どうやって恋愛対象になればいいのか、などなど疑問がいっぱい!

では、年上の女性に恋した男性はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

年上の女性にちゃん付けはダメ?

一般的に社会人になると、苗字にさん付けで呼ぶことが圧倒的に多くなります。

もちろん職場の雰囲気や方針などで、「堅苦しい呼び方はナシ」という会社もあるでしょうが、
多くは下の名前で呼ばれることがないと言えるでしょう。

それでも、同期や年下の相手なら自然に名前呼びをするようになることがありますが、
年上の女性が相手の場合はどうでしょうか。

答えは、「仕事の場では苗字にさん付けが良し」です。

人間関係の距離の詰め方は人それぞれですが、
多くの女性は「ちゃん付け」を不快とみなすことが多いのです。

ちゃん付けで呼ぶと

「バカにされている」
「チャラくて軽い男に見える」

といったマイナスイメージを持たれてしまう可能性が高くなります。

まずは、年上の女性に敬意を示し最低限の礼儀は必要と思ってください。
社会人としてのマナーやルールが守れない相手では、
リスクが高いため恋愛に発展することが低くなります。

ただの「軽い年下男子」に思われたくなかったら、
いきなりフランクに接するのはやめた方が良いですよ。

スポンサードリンク

年上女性と付き合う前はどんな呼び方にする?タメ口はアウト?

名前の呼び方は、二人の距離感と同じように変化させることがポイントです。

苗字プラスさん➡下の名前プラスさん➡下の名前プラスちゃん

といった感じに、段階を踏みましょう。

ちなみに、

二人きりでいる時に相手がリラックスしている、
楽しそうにしていると感じたらチャンス。

さりげなく呼び方を変えてみるのがオススメです。

もし、職場で誰もが呼んでいるニックネームがあるなら、
それに最初から便乗するのもいいですね。

タメ口はどうなの?

そして、タメ口は仕事中はやめましょう。

年上の女性は立場的に「仕事モード」と「プライベート」を使い分けられない男性はアウトとみなす傾向があります。

名前呼びなども、二人きりの時にするから効果があるのであって、仕事中にされると困る場面があるでしょう。
同僚や上司の目も気になるでしょうし、自分が年上であることを引け目に感じて引いてしまうかもしれません。

公私混同するようなタイプだと感じると、付き合うのが面倒だと思われがちです。

敬語を完全になくして接するのは、ここぞという場面である「告白」の時にしましょう。

それまでは相手の反応を見つつ、敬語と二人だけの時は少し崩したフランクな言葉などを混ぜて使うことがポイントですよ。

年上の女性の呼び方まとめ

恋愛に関しては100パーセント確実な答えはありません。

ただし相手との年齢差があると、いくつか気にしておいた方が良いポイントがあります。

 若者言葉など、年齢差を意識させるような言葉や使い方をしない

 相手が年上なら恋愛経験値が自分より上であることが多いので、ヘタな駆け引きはせずにストレートに気持ちを伝える

 仕事とプライベートの使い分けは出来ることをアピールして安心させる

 たとえ相手がおごってくれても、お返しはキチンとして「対等」であり恋人候補になれるとアピール

 普段から「年齢は気にしない」と公言する

女性は自分の方が年上であることを、男性が思うよりも気にしていることが多いものです。
なるべく年齢差によるジェネレーションギャップが生じないように気を配る必要がありますよ。

「年下は頼りない」「年下だと常識がない」なんて思われないように気をつけましょうね。

最後に、これらはあくまでも一般論であってあなたの好きな年上の女性はまったく違う考えかもしれません。
まずはよく相手を観察し思いやり、嬉しい事やイヤな事などをしっかり把握しましょう。

年齢に関係なく、自分を大切にしてくれてストレートに好意を示してくれる男性が気にならない女性は少ないはずですからね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です