女性からの敬語って脈なし?こちらは敬語とタメ口どっちにすべき?

本来は使う側も使われる側も心地く感じるのが「敬語」です。

しかし、例外もあります。それは親しい男女間でのこと。

もし女性側からあまりに丁寧に敬語で話されてしまうと精神的な距離が縮まらず、よそよそしくなってしまって帰る頃には気疲れすら感じるかもしれません。そもそも男性に向かって敬語で話す女性は、その男性のことをどう思っているのでしょうか?

そこで今回は、

   ・デート中の女性からの敬語って脈なし?

   ・相手女性が敬語ならこちらも敬語?それともタメ口?

について詳しく書いて行きたいと思います。

スポンサードリンク

デート中の女性からの敬語って脈なし?

デート中の女性から敬語を使われるからといって脈なしということは決してありません。

むしろこれから二人の関係の変化が期待できるとさえ言えると思います。

まず、敬語を使うということは相手に敬意を払い、尊敬の念を持っていると多分に考えられるからです。

その相手のことを粗末に扱いたくないという気持ちの現れなのですから、この気持ちがやがて敬愛や愛情の稔に変わって行っても何ら珍しいことではないのです。

もう少し踏み込んで考えてみましょう。

通常誰かが敬語を使うシチュエーションは、会って間もない間柄か相手の方が目上か年上というケースです。

もし相手の方が年上や同い年なのにこちらに敬語を使う場合は、よほどかしこまった間柄なのか崩した態度を取るのは失礼に当たると強く思っていることが考えられます。

もしかしたら、その原因はあなた側にもあると考えられるのです。

あまりにあなた側にキチンとし過ぎた態度や威圧感があるために、敬語を崩して行くわけにはいかないと考えられているのかもせいれません。

相手の敬語は、尊敬語?謙譲語?丁寧語?

また、敬語には具体的に「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。

例えばあなたに対して彼女が「召し上がるのですか?」といった場合は、「尊敬語」なのであなたを立てることが最大の目的になります。

これが「私は○○と申しました」という場合は、自分がへりくだっている「謙譲語」であくまで対象は彼女自身。自分が偉そうに前に出ないという慎ましさを表しているのです。

最後に「お天気がいいですね」というのは「丁寧語」です。

これは、対象が誰というより品よく丁寧に聞こえるお行儀の良い言葉と言って良いでしょう。

尊敬語を使っている場合は努力が必要

もし彼女が尊敬語を多用する場合は、あなたに対する尊敬の念が相当強く、やすやすとは近づきがたいと感じている可能性はあります。

でも先ほども似たようなことを書きましたが、もしかしたらあなたの態度や風貌に若干の恐れすら感じているケースもあるので、その場合は自分にも原因があるかもしれないと知って関係を変えて行く努力が必要になります。

特に彼女と恋愛関係になりたい場合は・・・。

丁寧語ならば前向きに考えられそう

でも「○○ですよね」とか「○○と思います」という「丁寧語」ならばそれは彼女の育ちがいいとかあなたとの仲を良いものにして行きたいと前向きに考えていることもおおいに考えられます。

何度か会っているうちにもっと仲良くフランクな関係になることも充分可能でしょう。

スポンサードリンク

 

相手女性が敬語ならこちらも敬語?それともタメ口?

この様に、敬語にも段階がありますから、彼女が「尊敬語」を多用しているのに、こちらがタメ口というのは日本人同士の会話としては違和感があります。

相手が不快に思えばその関係はやがて崩れて行くと考えられます。特に、相手が年上か同い年の場合。

でも、最上級の敬語というよりは語尾に「です」とか「ます」「ですね」という言葉がつく少し丁寧な敬語の場合は、こちら次第で崩して行くことも可能でしょうし、決してタメ口になっても失礼ではありません。

さすがに最初のうちはこちらも「ですよね」とか「そう思います」という丁寧語を入れるように心がけましょう。

でもだんだん崩して行って「○○だよね」とか「そうそう、そう思う」というように少しフランクな言葉に変えて行くことでもっと互いに話しやすくなることは出来ると思います。やがてタメ口でも違和感をなくして行くことは可能です。

楽しみながらタメ口に変えていく方法も!

最後に、なかなか彼女の敬語が減らない場合はどこかの段階で「敬語はなしにしよう」とか「今度敬語を使ったら罰ゲームね~」と楽しい方向へ持って行くのもおススメです。

また、何度も言う様ですが、言葉使いだけでなくあなたの表情や態度が相手の心を固くしてしまっている可能性があることをくれぐれも忘れないでください。

笑顔を増やすとか語り口調をゆっくり穏やかにするなど自己分析、自己改善も怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です