告白を上手く断る方法は?傷つけないセリフはある?

「告白されたけど、断りたい…でもなるべく傷つけない方法はない?」と悩むことはありませんか?

思ってもみなかった相手や友達、職場の同僚など、相手との関係性はさまざまですが、やはり上手く断ってなるべくなら傷つけたくないものですよね。

今回はそんなお悩みに役立つ知恵をまとめてみました。

スポンサードリンク

告白を断るのはその場で?それともちょっと時間がたってからがいい?

実は約半数以上の女性が「告白されて断り方に困った」経験があります。

断ったにもかかわらずポジティブな相手で「自分の方が好きなんだから大丈夫」とあきらめてくれなかったというケース。

今まで仲がいい友達だったから、今後の付き合いを考えると断りづらかったというケース。

「好きじゃなくてもいいよ」と半ば逆ギレ気味に反論されたケース。

などなど、断るのにも一苦労した人がけっこういるもよう。

では、実際のところ断るのはいつどんな形がベストなのでしょうか?

「直後にその場で断ってほしい」
「メールとかですませるのはやめてほしい」
「返事を先延ばしされるのは嫌」

こんな男性たちのホンネが飛び出してきました。

確かに、勇気を振り絞って告白したのに「考えさせて」などと時間をおかれると待っている方はその間ツライですよね。

それに、面と向かって告白したのにメールなどで断られるのも軽んじられたようでショックです。

そこで、次の2点を守りましょう。

 できれば告白されたその場で断る
 返事を保留するとしても、最低でも1週間以内にはじかに会って断る

ヘタに気を持たせるようなことや期待させるようなことはしないようにしましょう。
相手をさらに傷つけてしまいますよ。

スポンサードリンク

具体的に傷つけないセリフはある?

断る時点で相手を傷つけてしまうのは確定なのですが、なるべくそのキズは浅い方が良いですよね。

そこでポイントをまとめてみましたよ!

 ポイント1 相手を否定しない

 「気持ちは嬉しいけど」の前置きが大事なクッション
 「今は誰とも付き合う気はない」
 「タイプじゃない」「好きな人がいる」「恋人がいる」

これらは、相手の性格や人間性を否定しない断り方です。

つまり、「あなたのことは嫌いとかイヤとかじゃないけど、異性としては見られないよ」とやんわり断る方法ですね。

ポイント2 友達からの告白ならこれからも同じように付き合うかは相手の決断に従う

友達からの告白は断るとなると今後が気まずいですよね。

しかし、ここはハッキリさせておきましょう。

「私は友達としてしか見られないの。それでも今まで通りの関係を続けていくかはあなたが決めてほしい」

これ、けっこう大事ですよ。

よくある「これからも友達でいようね」はハッキリ言って生殺しです。

相手のことを考えているようで考えていない「傲慢で自己中心的な考え」になります。

「友達」として、好きな人が恋愛したりしているのをイヤでも見続けろと言っているも同然!

それらのことを考えた上で相手が「これまで通りの友達」を選ぶなら受け入れますが、「告白した以上はムリ」という場合は引き止めてはいけませんよ。

ポイント3 職場の同僚などイヤでも顔を合わせる相手なら「今まで通りに接してください」を付け加える

ホント気まずいですが、社会人たるもの「告白を断ったから挨拶もできない」なんて態度はいけません。

普通に節度をもって接しましょう。無視したり顔も見ないなんて失礼なことはくれぐれもしないように。

では、ポイントを抑えたセリフ集です。

 「気持ちは嬉しいけど、他に好きな人がいます。ありがとう。ごめんなさい。」

 「今はまだ誰とも付き合う気がないんだ。ごめんね。」

 「じつはずっと付き合っている人がいるの。気持ちは嬉しいけど、ごめんなさい。」

 「私は友達としてしか付き合えないよ。それでも今まで通りに付き合うかはあなたが決めてほしい。」

 「お付き合いはできませんが、これまで通りに接してくださいね。私もそうしますので、お願いします。」

ちなみに同じ職場で交際している相手がいるなら、その人に了承をもらった上で伝えておくのがベストです。

結婚などになった場合、後から耳に入ると「あの時なんで言わなかった」と裏切られたようなショックを与えてしまいます。

まとめ

告白を断るのは、たとえどんなに思いやっても程度の差こそあれ相手を傷つけます。
それは仕方のないことですよね。

ただし、やってはいけないNGな行動はありますので気を付けましょう。

 周りに言いふらす
 相手の性格・人間性を否定したりバカにする
 告白に対して返事をしない・あいまいにして先延ばしにする
 ウソをついてその場かぎりのごまかしをする

これらは要注意です。
あくまでも誠意をもって対応しましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です