男同士で恋バナってどんなこと話すの?噂が広がるか不安!

気になる男性へアプローチしたいけど男性同士の恋バナのネタにされてしまわないか不安に感じてしまう女性もいらっしゃることでしょう。

または、男同士で恋バナすることに違和感を感じている男性も中にはいるのではないでしょうか。

この記事では、男同士でどんな恋バナをするのかをメインにご紹介します。

男性の心理が気になって仕方が無いという方は、この記事でしっかりとチェックしましょう。

スポンサードリンク

女性読者からの質問

男同士は恋バナってするんですか?

気になる男性がいるのですが、とても交友関係が広くて自分がアタックしたことをネタにされるんじゃないかと心配です。

女の子と同士だとそういう男からのおかしなアプローチをネタにすることあると思うんです。

その辺知りたいなと思いました。

こーへい
この方は、男同士の恋バナに自分が登場することを恐れているようですね。では、そちらを記事にしていきましょう。

男同士で恋バナってする?

男同士で恋バナすることは、当然あります。

あなたが男性にアプローチをかけた場合、
男性間で噂になる可能性はもちろんあるでしょう。

こーへい
しかし、女性とは異なり、男性が恋愛の深い部分まで友人に相談することは中々ありません。

あなたが気になる男性にアプローチしたからといって、プライバシーの全てが晒される可能性は低いです。

過剰に心配する必要は無いでしょう。

もちろん、男性によってはあらゆる情報を洗いざらい友人に話してしまう性格の人はいます。

あなたが気になっている男性が口の軽いタイプであるかは、あらかじめ見極めておいた方が良いでしょう。

こーへい
女性と致した話を武勇伝のように語る男も中にはいます。相手が軽薄なタイプかそうでないかはしっかりと見極めておきましょう。

アプローチする以上は噂が広まることも覚悟しよう

こーへい
意中の男性を手に入れるためにも、ある程度は話のタネにされてしまうことも覚悟しておきましょう。

アプローチをかけることで相手の男性との噂が広まってしまう可能性はあるものの、誰かに話題にされることを恐れていては、いつまで経ってもアプローチをかけることはできません。

どうしても他の人にプライバシーを知られたくないという場合は、共通の知り合いがいない男性を選びましょう。

例えば意中の相手が学校のクラスメイトである場合などはクラスの様々な人に噂が広まって苦労する可能性もあります。

しかし、自分と意中の男性が他校であれば、無関係な人に話を聞かれても怖くはありません。

自分とは異なる環境に身を置いている男性を狙うことで、話を広められて恥ずかしい思いをするリスクを減らすことは可能です。

まだ意中の男性が決まっていない場合は、できる限り離れた環境にいる男性を選んだ方が、後にトラブルになる可能性も低くなるためおすすめです。

男同士の恋バナって何をどんな風に話すの?

こーへい
これを理解しておけば、いざ男同士で恋バナをされたとしても、心のあり方も変わると思います。

恋愛の方法や心情を男性が相談する場合は、信頼のおける少ない人にのみ話します。

つまりは、男性の本心が広まる可能性は低いのです。

逆に、男同士が恋バナで盛り上がる時は、自慢話に終始する場合が多く、本心とはかけ離れた内容が広まる可能性が高いのです。

男性同士の恋バナでは、

  • どのような女性にアプローチされたか
  • 現在どのような雰囲気か
  • 夜の営み

恋愛の経過を報告し合う傾向があります。

男性の口から噂が広まってしまった時は、大抵の場合は誇大化された内容になっていると考えて良いでしょう。

こーへい
この辺は男同士でも暗黙のうちに理解していることが多いです。そのため、過度に情報が広まってしまっても、ほんとうの意味でネタとしか扱われていない可能性も高い。

男性同士の恋バナはあてにならない

以上のように、男性によっては話を誇大化したり強がったりする人もいるため、本当は好きな女性のことでも、なんとも思っていない風に話したりしています。

男性が友人に対して話していた内容があなたの耳に入った場合、心を傷つけられる可能性もありますが、全てを鵜呑みにはしないようにしましょう。

意中の男性が友人の前で話すことと、本心は必ずしも一致していない可能性があるからです。

意中の男性が自分のことを好きではないという噂を聞いて本気にしてしまい、諦めてしまう女性が非常に多いです。

それはもったいないということを覚えておきましょう。

自分でしっかりと意中の男性にアプローチをかけ、直接確認を取るまでは、男性の本当の気持ちはわかりません。

勇気を出して、意中の男性と二人きりで話すことができる機会を作る努力をしてください。

男同士の恋バナはどこに盛り上がる要素があるのか?

ここまで男同士の恋バナについて紹介しましたが、実際女性の恋バナとは違う部分で盛り上がる傾向にあります。

一体どこにそんなに盛り上がるのでしょうか?

失敗前提の告白をイジる

男同士の恋バナでしかも学生の頃に多いと感じたのは、好きな女子に告白を決意した男友達をイジることでしょうか。傍からみて失敗するだろうことは明らかな告白をイジり倒して笑いのネタにする、というもの。

今思うとちょっとひどい話ではありますが、学生のころはそこに気を使うことはなかったように思います。

失恋を酒のさかなに飲み会を開ける

そして、告白が失敗した男友達を励ますという名目で飲み会を開催する。

話題に困ることはありませんし、酒を飲む口実ができる。

男同士では、失恋話は励ますというよりも笑いのネタになりがちです。

すべらない話大会のように笑い話にする

失恋話を周りからいじられるうちに、その話が自分の中の鉄板ネタに格上げされます。

男の恋バナの盛り上がり方は上記の3パターンとなるはずです。もちろん、他にも真面目な恋バナはありますが、割合的に少ないかな?

男同士の恋バナまとめ

さて、女性からの質問への回答に戻りますが、男同士は恋バナはするし、自分のアプローチが広まる可能性はあります。

しかし噂になることに不安に感じたとしても、負けじとアプローチをかけた方が恋が実る可能性は高まります。

様々な不安要素に立ち向かいながら、自分の目で意中の男性の想いを見抜くつもりで戦っていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2022年現在32歳。大学3年生まで経験0だったが、ある行動をきっかけに学生時代の経験人数11人へ。 社会人になってからも継続して月平均5人の女性とデートを重ねる。詳しくは自己紹介で書いていますので、気にしてくださる方は読んでみてください。 →非モテ男は一生独身?恋愛市場から撤退しないために決意したこと!【僕の自己紹介】 この経験をもとに、恋愛アドバイスやブログでの情報発信を行っている。   それと、インスタグラム始めました! ここでは書けないような過激な内容も投稿していくので、気にしていただける方はフォローをお願いします。