勉強しない大学生が多い理由は?文系と理系の違いは?

大学生が一番しなければいけないことは勉強ですが、
実際にはサークルや部活、アルバイトなどで忙しくなってしまい、
気づいた頃には勉強がおろそかになってしまっていた、なんてことはありませんか?

大学生活に慣れると、このような学生は増えてくると思います。

勉強をしなければいけないけれど、後回しになってしまうのは、何が原因なのでしょうか。

今回は、そんな勉強しない大学生が多い理由を考えていきます。

また、文系と理系での勉強量の違いも、お話ししていきます。

スポンサードリンク

勉強しない大学生が多い理由は?

大学生の一週間あたりの平均勉強時間を調べたところ、驚くべき結果が出ました。

講義を除いて、
10時間以下と答えた学生が全体のおよそ70パーセントを占めているそうなのです。

11時間以上学習しているという学生は20パーセントを下回り
まったく勉強しないと答えた学生が10パーセントを占めているとのことです。

難関大学合格者などは特に、一日10時間以上勉強していた、
という方もたくさんいたとおもいます。

しかし今は、小学生の平均学習時間よりも短いという現状です。

勉強しない理由として挙げられるのは、大きく分けて2つあります。

1、アルバイトなどほかのことに時間をかけてしまっている

すべてを両立することができる人は少ないでしょう。

大学生はアルバイトやサークル、飲み会など、様々な交流があります。

アルバイトを毎日のように入れていたら、
当然ながら勉強時間は減ってしまうでしょう。

私も大学1年の時にアルバイトをしていたので実体験からも、
アルバイトが終わった後は疲れて寝てしまう、ということがほとんどです。

次の日に小テストがあっても、
朝起きて気づいて学校で急いで勉強、
なんてこともしばしばありました。

部活に熱中してしまい、
勉強がおろそかになる人も多いようです。

経済的事情でアルバイトをしなければいけない、という学生もいるかと思いますが、勉
強時間を確保できる範囲でシフトを入れるのが良いでしょう。

2、勉強への積極性がない

高校までは受験のために、勉強しなければいけなかったから勉強した、
という人もいたかと思いますが、大学は成績が企業に直接直結しません。

大学生になると、楽な授業を選んで適当に勉強して単位が取れればそれでいい
という安易な考えを持っている学生が多いです。

この背景には、授業の質の低下もあるのかもしれません。

それによってやる気をなくし、勉強をしなくなる、
という学生もいるでしょう。

私の大学でも、淡々と説明して学生がわかっていなくても
自分のペースで進めてしまう教授が少なくありません。

それなのに、出席するだけで単位がもらえる、
となると、勉強しようと思う人は少ないでしょう。

スポンサードリンク

大学生の勉強量、文系と理系の違いは?

大学は一般的に文系、理系に分けられますが、
勉強量にどのような違いがあるのでしょうか。

一日平均で、文系は28.4分理系は48.3分というデータが出てきました。

どちらも1時間に満たないため勉強量は少ないですが、理系の方が文系よりも20分も多く勉強しているという結果でした。

この違いは、そもそもの学問の違いにあるのかもしれません。

文系は、答えがないことを追求する場合が多いかと思います。

答えが自分の理論になることが多いので、
深く研究してフィールドワークや調査などをしない限り、
それなりに自分の考えがまとまれば答えが出た、ということにすることがよくあるでしょう。

つまり文系は、
勉強しない学生にとっては手抜きの余地が大きいので、勉強量も全体として減ってしまうということです。

しかし、理系は実験などの結果が求められるので、
中途半端にやめて、答えを出すということが難しいのかもしれません。

文系、理系どちらに進むにしても、
しっかりと調査、研究をすることが4年の達成感につながるでしょう。

大学生勉強しない、文系理系の違いまとめ

大学生はやはり勉強以外のことに精を出す人が多いです。
そのため、勉強が疎かになりがちです。

また、文系と理系でも勉強量に差があるのは確かです。

最終的には本人のやる気次第ですが、総じて大学生の勉強量は受験のときよりも減ってしまう
ということは頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

2022年現在32歳。大学3年生まで経験0だったが、ある行動をきっかけに学生時代の経験人数11人へ。 社会人になってからも継続して月平均5人の女性とデートを重ねる。詳しくは自己紹介で書いていますので、気にしてくださる方は読んでみてください。 →非モテ男は一生独身?恋愛市場から撤退しないために決意したこと!【僕の自己紹介】 この経験をもとに、恋愛アドバイスやブログでの情報発信を行っている。   それと、インスタグラム始めました! ここでは書けないような過激な内容も投稿していくので、気にしていただける方はフォローをお願いします。