大学の同じ講義の女子に声をかけたい!自然に仲良くなる方法は?


スポンサードリンク
デート・恋愛

同じ講義で見かける女の子が気になっている男子学生の皆さん!

どうにか声をかけて仲良くなりたいけど、やっぱりムリかな?と諦めている方、
自然に仲良くなるいい方法はないかな、と方法を模索している方、

ありますよ~、チャンスはゲットしましょう。

スポンサードリンク

大学の同じ講義の気になる女子に声をかけるのってあり?

声をかけるなんてチャラ男に見えるんじゃないか、警戒されてしまうのでは…なんて不安になりますよね。

しかし、結論としては「あり」です!

いくら気になっていても声をかけなければ「ただ見ているだけ」。時間がたてばたつほど、自然に仲良くなるのがムズカシくなってしまうのです。

おまけに「ずっと見てるけど何も言ってこないし、なんなの?」とマイナスイメージがついてしまう可能性もあり。

気になる女の子には、積極的に声をかけることをオススメします。

ただし、最初はごく普通のキョリから始めましょう。
いきなり自己紹介して連絡先の交換は無謀すぎます。

そこで、自然に仲良くなる方法をご紹介!

スポンサードリンク

同じ講義の女子と自然に仲良くなる方法は?

1.挨拶から始める

まずは、人間関係のキホンである「挨拶」から始めます。

なんと言っても相手との接触回数・頻度を増やしていく必要があるからです。

人間は頻繫に顔を合わせる相手や、よく話す相手に対して好感を持ちやすいものなので、「おはよう」「おつかれさま」などの日常的な挨拶も必須ポイント。

大学構内などで顔を合わせたりしたら、サラリと挨拶しましょう。
それまで相手に認識されていなくても、「あ、いつも挨拶してる人だ」と、顔を覚えてくれますよ。

2.隣の席に座るようにする

次は物理的な距離をつめて、話しかけてもおかしくないようにします。

有効なのは「隣の席」に座ること。声をかけても不自然ではないですし、話題を発展させやすいのです。

ここで優秀なアイテムが「ノート」です。

「この前休んだ講義のノートをコピーさせてほしいんだけど、いい?」
「今日のレポート課題やってきた?」

こんな感じで、声をかけるきっかけになってくれます。あとは、相手が答えやすい質問をするのもいいですね。

「○○の講義もとってる?」というように、「はい」か「いいえ」ですぐに答えられる質問だと、ちょっと内気な感じの女子でも話してくれますよ。

3.共通点を見つける

最後に「共通点を見つける」ことが、親近感を抱かせます。

相手の好きなもの・趣味、嫌いなものなど、お互いの共通点を見つけて「自分も同じ」と伝えましょう。

他にも出身地・ファッション・アーティストなど、相手の話を聞きながら、自分のことも話していきます。

同じ講義で話しかける際の注意点

合コンに来ているワケではないので、あまりグイグイ来られても相手によっては引いてしまう可能性があります。

最初は友達ぐるみで話しかけると相手も警戒しないので、グループ同士で仲良くなる方法も有効ですね。話す内容は天気などのいわゆる世間話でも十分ですよ。

毎回自然に話すようになった辺りから、だんだんと個人的に仲良くなるのがオススメですね。

共通の好きなアーティストのライブ、大学近くのオススメカフェ、学内のイベントなど、積極的に誘ってみましょう。特に学食などは自然に誘いやすいのでオススメです。

話の中では相手の良いところを褒めるようにして、告白ではなくても「一緒にいて楽しい」ことをさりげなく伝えます。

まとめ

大学の同じ講義の女子と仲良くなる方法は、ズバリ「声をかけること」です。

まずは基本的な挨拶から始めて、隣の席などに座り直接声をかけても不自然にならないようにしましょう。

そしてなんと言っても大事なのは「笑顔」で話すこと。

たとえトークが上手くなくても、感じのいい笑顔が向けられると気分がいいですよね。笑顔は相手への好意を伝えてくれるので、気になる相手には必須アイテムです。

見ているだけでは前に進みません。勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

スポンサードリンク

コメント