脇汗パッドはワイシャツやブラウスだとバレる?目立たない方法は?


スポンサードリンク
ファッション

最近脇汗が気になるから、
思い切って脇汗パッドを使ってみよう。

しかし、気になることは、
「脇汗パッドが外からバレないかな」という不安だと思います。

ワイシャツやブラウスから脇汗パッドはバレないのでしょうか。
どうやって使えば、目立たないのか、いざ使う前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

脇汗パッドはワイシャツやブラウスだとバレる?

確かに他の服よりはバレやすいかもしれませんが、
ポイントを押さえれば一見しただけでは、バレません。

もちろんそのためには、きちんと選び装着することが重要です。

ワイシャツの場合

ワイシャツを着る機会が多い男性ならば、
きちんと「メンズ用」があるので、それを使ってみましょう。

使い捨てタイプや洗って繰り返し使える物もありますが、
一日中ワイシャツを着て仕事をする場合は、
大判サイズで、消臭機能つきのタイプが便利です。

パッドが汗を吸い取って時間がたつと、ニオイが発生することがありますし、
小さいサイズでは吸い取りきれずにはみ出してくることがあります。

ブラウスの場合

また、ブラウスは一般的に脇汗パッドに向かないと言われますが、
それはおそらく素材によるものだと思われます。

シフォン素材や透ける素材のブラウスは、
薄いのでパッドが透けて見えてしまったり、取れやすかったりします。

どうしてもブラウスに装着する場合は、
無地の薄い色ではなく、柄物のダークカラーがオススメですね。

脇汗パッドには様々な種類がある!

最近では一口に「脇汗パッド」と言ってもさまざまなタイプが販売されています。

その中には厚さ1㎜の薄いパッドで、
白い服用の「ホワイト」や、
柄物、明るい色用「モカベージュ」、

「小さくて目立たない」といった着る服に合わせて選べるようになっているシリーズがあります。

また、パッドが取れやすい場合は、
前日から貼っておくことがオススメです。

そうするとしっかりとくっついてくれますよ。

いろいろな種類があるので、探してみましょう!

Amazonで「脇汗パッド」で探してみる!

楽天で「汗脇パッド」で探してみる!

私個人的におすすめなのは、こちらです。↓
200枚入りで約2000円。品質も抜群。Amazonよりも安いです。

もちろん男女ともにおすすめの脇汗パッドです!

楽天の詳細はこちらをクリック!

脇汗パッドが目立たない方法はある?

肌に直接貼るタイプの脇汗パッド

ある程度の服なら、めったに目立つことはありません。
ただ、どうしても薄い服だと目立つことはあります。

そんなときおすすめなのが、肌に直接テープのように貼り付けるタイプです。


楽天の詳細はこちらをクリック!

伸縮性や通気性の良い生地に、抗菌加工もされています。
中には透明フィルムタイプもあるので、これならシースルー生地やタンクトップでも使えますね。

お肌が弱い人にはオススメしません。
また、使っている最中も、皮膚に異常を感じたらすぐに剥がしましょう。

また、脇汗パッドを付ける服を上手く選んで、
パッドが目立たないようにすることもできます。

スポンサードリンク

服に目立たない工夫をしよう!

肌に直接貼ったりするのが当然一番目立ちませんが、
中にはかぶれやすかったりして使えない場合もあります。

そんな時は、そもそもの服を工夫しましょう。

薄い色、明るい色、袖部分が広がってヒラヒラしているデザインなどは、
透けて見えやすかったり、チラッと見えたりすることもあります。

しっかりした素材で、袖部分がヒラヒラしていないストンと落ちたデザインが良いですね。
また、薄い色の無地だと心配ならば、黒地に小花柄などの透けないデザインにしましょう。

脇汗パッド付きインナーもおすすめですが。。。

そして、男性のワイシャツの脇汗パッドの一種として、
「脇汗パッド付きインナー」があげられます。

これはワイシャツの下にインナーとして着てしまうもので、
通気性良し、抗菌、防臭効果もあります。

脇汗パッドを付けてみて馴染まなかった場合は、
こちらを試してみてもいいかもしれません。

さらに、女性の場合はブラジャーの紐を利用して着けるタイプもあります。

ただし、ワキガの方は何度も着用すると、臭いが残ってしまい、防臭効果がほとんどなくなってしまいます。
臭いが心配な方は、使い捨てタイプの使用が安心ですね。

まとめ

脇汗パッドはさまざまなタイプが販売されています。

女性だけでなく、男性も使えるように専用に開発した商品もありますので、じっくり選んでみましょう。

最近では、着る服に合わせて選んだりできるシリーズもあります。

ひと昔前は、大きくて厚みがあるからゴワゴワしたりすることもありましたが、
今では厚さ1㎜の製品もありますよ。

ワイシャツやブラウスでも、きちんと選んで装着すれば問題ありません。

ただ、使い始めはどうしても慣れなくて失敗することもありますから、
会社などには予備を置いておく、休みの日に試してみるなどしてみることも良いですね。

中にはお肌の弱い人には不向きなタイプもあるので、ガマンして使わず、
異常を感じたらすぐに中止して、必要なら皮膚科を受診しましょう。

スポンサードリンク

コメント