文系の大学生におすすめな資格は?就活に役立つ資格5選!


スポンサードリンク
仕事・人付き合い

文系の大学生のみなさん。

普段大学に通っていて、授業を受けていると思いますが、
卒業までに何か資格を取りたいな、と思ったことはありませんか?

資格を取っておいた方が就活にも役立つのかな、でも何を取ったらいいのだろう。

そんな文系の学生さんに、おすすめの資格を5つ、紹介していきます。

スポンサードリンク

文系の大学生におすすめな資格!就活に役立つ5選!

1,TOEIC

これは誰もが1度は聞いたことのある資格だと思います。

高校生の頃、英語検定を受けたことがある、と言う方、いらっしゃるかと思います。

私も何度か英検は受けたことがあります。

大学生になると、就職の際はTOEICのスコアを提示することが多くなるかと思います。

どれくらいが必要か、といいますと、だいたい700点くらいが望ましいでしょう。

700点、といいますと、
それなりに英語の読み書きができるのだな、という印象を持たれることが多いです。

もちろん800点、900点と高得点をとれるほど望ましいです。

とても難しく、かなりの勉強量が必要ですが、
これくらいとれると英語力をアピールして就活に臨めます。

まずは700点を目指して、勉強してみましょう。

2,簿記

簿記は、会社の活動を記録し、会社の成績表、財務諸表を作成する方法を学習する学問です。

経理、財務などの専門職の人だけが持っていた方が良いと思われがちですが、
文系は事務系の仕事につくことが多いので、どこに行っても必要な知識なのです。

簿記を学習することで、
会社のビジネスの全体像や仕組みを読み取る力を育てることができます。

就活の際、一級を持っていればかなり有利に働くかと思います。

簿記は比較的取りやすい資格だと言われています。

2級で4ヶ月ほど、1級で1年程度、
勉強するのが望ましいと一般的にいわれています。

文系の学生には、おすすめの資格です。

3,MOS

みなさんMOSとはご存じですか?

MOSとは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格です。

Word,Excelのスキルを測る試験であり、
今の時代どこに就職するにしても、必要なスキルだといえます。

パソコンが苦手、と言う方も多いですよね。

私も正直パソコンは苦手で、エクセルの使い方がまだわかっていません。

しかし、パソコンの基本操作はどこに行っても求められます。

ただWordやExcelができる、と言っても根拠がありません。

MOSを持っていれば、パソコンの基本操作ができる、という証明になるので、おすすめです。

4,秘書検定

一般知識、マナーや接遇、ビジネスに必要な技能などが試される検定です。

マークシートと記述問題式で、1級と準1級は面接があります。

面接がある、と聞くと緊張してしまうかもしれませんが、
マナーを学ぶことは、ビジネスにおいて大変役に立つはずです。

1級をもっていれば、自信を持って就活に臨めるでしょう。

どの企業にも良い印象を持ってもらえるとおもいます。

5,ファイナンシャルプランナー

最近女性を中心に取る人が増えてきているのが、
このファイナンシャルプランナー資格です。

給与を稼ぐようになると、税金や年金が必ずついて回ります。

知らないで引かれるよりも、知識があった方がいいですよね。

フィナンシャルプランナーの勉強をすると、
税金や年金に関する知識を学ぶことになるので節税術を学ぶことができてよいかと思います。

また、株式投資や不動産等の資産形成に関する知識を学ぶこともできます。

お金を貯める、増やす知識全般を効果的に身につけることができます。

就活や企業で役に立つ、というだけでなく自分の生活で役に立つ知識が得られる、というのは一石二鳥ですよね。

持っているとかなり有益になる資格です。

これらの資格を取って、就活、またその先で生かしましょう。

スポンサードリンク

コメント